アレルギー

安全なキャットフードの選び方

可愛い猫ちゃんの健康を支える毎日の食事ですから、国産の安全なキャットフードを選んであげてくださいね。
買っている猫ちゃんがいつまでも元気に少しでも長く生きてもらうために飼い主ができることは、少しでも安全で栄養のあるキャットフードを選んであげることです。
一般的な野良猫の寿命はどのくらいかご存知でしょうか。

ほとんどの野良猫は8歳くらいの寿命で、10歳にならずに死んでしまう野良猫がほとんどです。
一方、室内で飼育されている猫には、野良猫の倍以上の20歳を超える長生きの猫もいます。
このように寿命に大きな差が出てくるのは、なんといっても猫の食べているものの違いです。

少しでも可愛い猫ちゃんに元気に長生きをして欲しいと願っている方は、安全で美味しいキャットフードを選んであげて下さいね。
いろいろな種類が販売されていますが、おすすめしたいキャットフードは、総合栄養食と言われているタイプです。
これは猫の食事の基本となるもので、これと水分さえあれば、猫は生きていけるというほど、必要な栄養素がギュッと詰まっているものです。

この総合栄養食のドライフードには、ビタミンや脂質、ミネラルなどの猫ちゃんが必要とする栄養素がバランスよく配合されています。
気温が上昇する春から夏にかけては、食品が酸化して、食中毒や感染症などにかかる可能性もあるので、キャットフードにはドライフードがおすすめです。
しかし食品が長持ちをする冬場であれば、猫ちゃんが食べやすいウェットタイプのキャットフードもいいかもしれませんね。

キャットフードに配合された水分量が、13%以上になると、カビたり、腐ったりの原因になるので、暖かい季節には、避けた方が安心ですね。
また猫ちゃんにとって安全なキャットフードを選ぶ基準となるのが、輸入品なのかそれとも国産品なのかです。
輸入されたキャットフードには、保存料や酸化防止剤などの添加物がたくさん配合されています。
このような添加物を配合しないと日本に運ぶまでに腐ってしまうからです。
大量の添加物は人間と同様に猫ちゃんの健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.