アレルギー

アレルギーにも安心のキャットフード

人間と同じように、ネコにもアレルギーを発症することがあります。
キャットフードを食べたあとに、身体を一生懸命に舐めていたり、身体を掻きむしるなどのいつもとは様子が違うようなことがあれば、もしかするとアレルギーを発症しているかもしれません。
ネコのアレルギーの原因として考えられることをご紹介します。

ノミ取り専用の首輪に付いている薬品や使用されている素材で、首の周りに接触性皮膚炎が起こることがあります。
また、ノミの唾液に反応して起こる猫ノミアレルギー性皮膚炎や、猫の吸引性のアトピー性皮膚炎もあります。
そして食べ物によるアレルギーもあり、食事過敏症とも良います。

これはネコが特定の食べ物を食べたあとに、首や顔の皮膚炎が起こります。
さらに脱毛や痒み、下痢や、目やに、フケなどの症状が起こる場合もあります。
このようなアレルギー症状を発症した場合には、すぐにネコちゃんを動物病院につれていき、診察してもらうことが大切です。

食べ物によるアレルギーであれば、キャットフードに含まれている成分が原因と思われるので、香料や着色料、防腐剤などの添加物がアレルギーの原因として疑われます。
また数多く販売されているキャットフードの中には、非常に質の悪い原材料を使用しているものもあるので、長い期間、毎日食べ続けていることで、ある日アレルギー症状を発症することも珍しくはありません。
キャットフードに配合されている原材料から、ネコのアレルギー原因となった成分を特定するのはとてもむずかしいことです。

動物病院で診察してもらったら、抗ヒスタミン剤や、ステロイド剤などを処方されることもあるようです。
では、ネコちゃんにそのようなアレルギー症状が出た場合、その後、与えるキャットフードはどのようなものを選べば良いのでしょうか。
人間と同様に、食物アレルギーの多くは、食べ物に含まれているたんぱく質が原因となっています。
ですが、ネコにとって、たんぱく質は非常に重要な栄養素なので、食べない分けにはいきません。
ですので、低分子プロテインが使用されたアレルギー対応のキャットフードを選ぶようにして下さい。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.