アレルギー

ダイエットのためのキャットフード

人間と同じように、肥満気味であったり、動物病院から太っていると指摘されたことのあるネコちゃんには、ダイエットが必要になります。
完全に肥満になってしまうと、気まぐれなネコちゃんにダイエットさせることはとても困難になってしまうので、早めに飼い主さんが気づいてあげて、適切な食事をさせてあげることが大切になります。
生後1年くらいまでがネコちゃんの成長期なのですが、この成長期には、骨がどんどん成長していくので体重もそれに比例して増加します。

この時期のネコちゃんの体重増加は全く問題ないのですが、問題になるのはそれ以降のネコちゃんの体重増加です。骨の成長が止まってからも4歳くらいまでは体重が少しずつ増加していきます。
5歳以上のネコちゃんは、人間では中年とされる時期になります。
この中年期の成猫は、人間と同様に代謝機能が衰えています。

成猫になったネコちゃんもそれまでと同じようにコンスタントに体重が増加するようであれば要注意です。
肥満の道をまっしぐらという恐い状態になっています。
成猫になったネコちゃんにもそれまでと同じような種類のキャットフードや量を与え続けていると体重が増加してしまうのは当然です。

どうしても美食家であり、気まぐれなネコちゃんには、少しでも美味しく食べてもらおうと、飼い主さんが種類の違うキャットフードをいろいろと食べさせてしまいがちで、どうしてもネコちゃんは食べる量が増えてしまいがちです。
飼い猫の2,3割は肥満であることも、飼い主さんの責任であるところが大きいのです。
このような肥満ネコにならないためには、体重をこまめに測ってあげたり、成猫用のキャットフードに変えてあげることも大切です。

またダイエット用のキャットフードもあって、カロリー量が抑えられたものになっていますので、肥満が気になるネコちゃんにはおすすめです。
しかしダイエット用のキャットフードには、高繊維のものが多いので、長い期間このようなキャットフードを与えていると、ネコちゃんの内臓に大きな負担となる可能性があります。
ネコちゃんのダイエットには、適度な運動と、適切な量のキャットフードを与えることが大切です。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.