アレルギー

年齢別のキャットフード

ペットショップなどにはいろんなメーカーのさまざまな種類のキャットフードが販売されていますね。
缶詰のタイプやドライタイプ、半生タイプのものから最近ではネコの年齢に合わせたキャットフードもあるので、一体どれを選べば迷ってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。
年齢別に用意されている商品は、ネコの成長段階に最適な栄養がバランスよく配合されています。

必ずしもその年齢にあったキャットフードをあげないといけないということではないのですが、やはりネコちゃんの健康のためを考えるのであれば、そのときどきに必要な栄養が摂れるように配慮されたものを選ぶことがおすすめです。

ネコのライフステージは大きく3段階に分けられています。
0ヶ月から12ヶ月までの成長期、1歳から7歳以下の成猫期、さらに7歳以上の高齢期に分けられていて、キャットフードもその段階ごとに分類されています。

例えば成猫期用のキャットフードを7歳以上のネコに与えたり、逆に高齢期用を7歳以下のネコに与えたとしても、総合栄養食であれば大きな問題はありません。
しかし、人間と同じようにネコにも成長段階によって身体が必要とする栄養素や摂取カロリーは異なります。
それぞれの年齢、ステージごとに最適な栄養とカロリーが配合されたキャットフードを与えることが、ネコちゃんの健康にとっては一番良いのです。

しかし、人間と同様にネコの成長にも個人差がありますので、ライフステージの年齢は目安であると考えて下さい。
ネコちゃんが7歳になった途端に高齢期用に変更するのではなくて、ネコちゃん成長具合や健康状態などを見ながら切り替えてあげてください。

例えば成長期のキャットフードには、成猫まで急激に成長していくネコの身体をサポートするための栄養素がたっぷりと配合されています。

高カロリーで栄養素も豊富で、必須アミノ酸などが計算されて配合されているのが特徴です。
栄養、カロリーが高濃度で配合されている成長期のキャットフードは、ネコの食付きが良くなるようにと、味も美味しく作られています。
このようにステージごとに、必要な栄養素が含まれたキャットフードを最適な時期にあげてくださいね。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.