アレルギー

妊娠中の猫に最適なキャットフード

妊娠中のネコちゃんには、いつもと同じキャットフードでも良いのでしょうか。
人間でも妊娠中の身体はそれまでとは違う大きな変化が現れてきます。
高血圧になったり、高血糖になったりと、妊娠中の女性の身体には、それまでにはなかったさまざまな変化が出てくるので、当然、食事にもそれまで以上に考えて食べることが大切になっていきます。

栄養バランスを考えると同時に、赤ちゃんがお腹の中で成長するので、母体の消費カロリーも増加しますので、摂取カロリーを増やすことも大切です。
これは、妊娠中のネコちゃんにも同じことが言えます。
それまで以上にバランスの取れた食事と、カロリー摂取を増やすことが大切になってきます。

しかしネコの場合には、それまでの食習慣を続ける傾向にあるので、いくら妊娠したからといって、すぐにたくさん食べる量を増やせるものではありません。
たくさん食べてくれたと思っても、その後ずっと食べてくれなくなったりもするので、ネコの食事をコントロールするのはとてもむずかしいのです。
ですので、妊娠中のネコちゃんは、出産までの長いスパンで考えて、食事量を増やしてあげることが大切になります。

ネコちゃんの妊娠中に望ましいカロリーは、通常の1.5倍くらいの量とされています。
なかなか食べてくれないネコちゃんには、子猫用のキャットフードを与えてあげるのもおすすめです。
子猫用のキャットフードは、少しの量でも栄養価が高くなっているので、妊娠中のネコちゃんにも最適です。

妊娠をしたネコちゃんは、出産後にもそれまでよりもたくさんの栄養を必要とします。
生まれたばかりの子猫の中には、生きる力が弱く、命を落とす子猫もいます。
そんな子猫でも母猫がしっかりと乳を上げることで生き抜くための栄養が補給できるのです。
そんな栄養の高い乳を出すためにも、母猫は充分な栄養素を摂取することが大切です。
妊娠中のネコは、無事に出産をするために、そして、出産後にも子猫を育てていくための乳を出すために栄養をたっぷりと、そして質の良いものを与えてあげることがそれまで以上に大切になります。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.