アレルギー

キャットフードの栄養素

可愛いネコちゃんの健康を左右するキャットフード。
人間と同じように、少しでも安全で栄養価の高いキャットフードを選んであげたいと思う飼い主さんの思いは誰でも同じなのではないでしょうか。
キャットフードには、ネコの年齢によって子猫用、成猫用、シニア用の3種類が用意されています。

キャットフードがこのように分かれているのは、ネコは年齢によって、少しずつ必要な栄養素が異なっているからです。
最も長く食べることになる成猫用のキャットフードに含まれている栄養素をご紹介しますね。
ネコの身体を構成する最も主要な栄養素となるのが、たんぱく質です。

ネコは肉食動物であり、筋肉の発達や健やかな成長のためには、たんぱく質は欠かすことのできない栄養素になります。
ネコの被毛や筋肉、さらに皮膚や爪、内臓なども大半がたんぱく質で出来ています。
良質のたんぱく質を摂取することはとても大切なことです。

そして体内で生成することができない必須脂肪酸も成猫用キャットフードに含まれている大切な栄養素です。
必死脂肪酸には、オメガ6脂肪酸であるリノール酸やアラキドン酸などがあります。
これらの栄養素のネコの被毛や皮膚、代謝機能・再生機能を支えるもので、成猫の健康のためには欠かせないものです。

必須脂肪酸は、ネコの皮膚と毛並みを大きく左右する大切な栄養素となります。
さらにカルシウムとリンも主要な栄養素として配合されています。
ネコの歯と骨を生成するのに大切な栄養素で、カルシウムとリンの理想的な比率は、1対1かもしくは2対1のあいだであるとされています。

このバランスが崩れてしまうとネコの健康に影響するとされているので、キャットフードには、そのバランスもしっかりと考慮されて配合されています。
カルシウムやリン、さらに鉄分やマグネシウムなどのミネラル類は、成猫の歯や骨の強化に、さらに代謝機能を高めてくれるための重要な栄養素です。
他にも成猫の活動エネルギー源となる炭水化物や、腸の善玉菌を増やしてくれる繊維質などが成猫用のキャットフードにはバランス良く配合されています。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.