アレルギー

知っておきたいキャットフードの種類

可愛いネコちゃんの健康を大きく左右するキャットフード。
しかし店頭にはおびただしい数のキャットフードが販売されているので、一体どれが良いのか、どんなものを選べばいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、これだけは知っておきたいキャットフードの種類をいくつかご紹介します。

まず可愛いネコちゃんの健康を大きく左右するキャットフード。
しかし店頭にはおびただしい数のキャットフードが販売されているので、一体どれが良いのか、どんなものを選べばいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、これだけは知っておきたいキャットフードの種類をいくつかご紹介します。

まずキャットフードは、目的別にいくつか分類されていますので、使い分けて下さいね。
@総合栄養食
 ネコちゃんの主食となるもので、ドライフードのほとんどはこの総合栄養食の部類になります。
 この中で、比較的低価格で量販店で購入できるものをエコノミーフードと呼び、原材料にこだわりなどがあり、ペットショップや動物病院などで主に販売されているプレミアムフードがあります。

A間食
 ネコちゃんの気分転換のおやつとして少しだけ与えるもので、嗜好性の高いものです。
 時間や量を決めて与えることが大切です。

B目的食
 総合栄養食にも間食にも当てはまらないもので、特定の栄養素や食欲増進などを目的としたフードになります。
 「カロリー補給食」や「一般食」などという表示がされていて、おやつや総合栄養食のトッピングとして与えて下さい。

C獣医師が処方するフード
 何かしらの病気になったネコちゃんに処方される療養食です。
 腎臓病用や糖尿病用、肥満用や、低アレルギー用など、種類もいろいろなものがあります。

また、キャットフードには、3つの種類があります。
@ドライタイプ
 水分が10%以下のカリカリフードで、栄養価が高く、適度な堅さがあるので、ネコちゃんの歯に歯垢がつきにくいというメリットがあります。
A半生タイプ
 水分量が25〜35%ほどあって、子猫や老猫は食べやすいようですが、歯垢が付きやすので注意が必要です。
Bウェットタイプ
 75%以上の水分を含んだもので、缶詰やパウチ入りの商品になっています。
 グルメのネコちゃんが好む香りや食感などになっていて、いろんなタイプがあります。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.