アレルギー

キャットフードを食べない時はどうすればいいの?

ネコちゃんが突然それまで食べていたキャットフードを食べなくなると飼い主さんはとても心配になりますね。
ネコちゃんがキャットフードを食べない理由として考えらえるのは、体調に問題があるのか、それとも好き嫌いをして食べないのか、または年齢によるものなのかの3種類の原因があげられます。
ネコちゃんの年齢については、人間と同じように、どうしても高齢になるほどに食べる量が自然と少なくなっていきます。

老衰で自然に寿命が近くなっているネコちゃんの場合、食欲がガクンと落ちることもあります。
ネコの寿命はだいたい16歳くらいので、それよりも若いネコがキャットフードを食べない場合には、他の原因があると思われます。
そこで疑われるのは、それまでにかかったことのある疾患が再発していないかどうかです。

また胃腸の弱いネコであれば、体調次第で食欲が落ちてキャットフードを食べないこともありますし、夏バテや風邪などで、水しか飲まなくなることもあるようです。
他にも考えられる原因としては、オスの場合には、去勢後、メスであれば不妊手術や妊娠中、または授乳中にも食欲が落ちることがあるようです。
そしてネコの食欲には、住んでいる環境も左右します。

暑すぎたり、寒すぎたりなどの気温の問題であったり、ホコリが多いなどの環境下で、ネコは食欲が落ちる事があります。
また外で飼われているネコも急に食欲が落ちることがあるようです。
ネコが健康で長生きするためには、住環境もとても大切なので、食欲が落ちない快適な環境を作ってあげる必要があります。

ネコの健康状態を見る上で大切になるのが、吐いているのか、ちゃんと動いているか、です。
ネコは自然に咳のように嘔吐をするのですが、これは毛玉を吐き出しているのです。
ネコの吐いたものの中に毛が混ざっていない時には胃に不調があるかもしれないので、注意が必要です。
ネコちゃんの食べない原因が体調によるものであるようであれば、病院で診てもらうことがおすすめです。

Copyright(C) 2013 猫のための健康食品 All Rights Reserved.